白髪染めトリートメントはこちらから

白髪染めヘアカラートリートメント、どのくらいの回数使えば効果がでるの?

白い毛


白髪染めトリートメントは、使い続けることで徐々に白髪が目立たなくなる、というものですから、一般的には効果を実感するまでに何度も使う必要があります。特に、最初のうちは白髪の状態に色を付けることになるので色が付きにくく、数日間は毎日連続でお使いくださいと書かれたものも多いです。一度色がついてしまえば、色落ちする分をフォローする程度になりますから、数日おきの使用で髪色はキープできるのですが、最初に色がついて白髪が目立たなくなるまでにかかる期間は人によって異なるのです。

早い人は、一回使っただけで白髪が目立たなくなった、とも言います。この場合でも、まだ色がそこだけ明るかったり、他の部分とのバランスもあるので3日間程度は連続で使うのが一般的です。人によってはなかなか色が入りづらくて、落ち着くまでに1週間かかった、という人もいます。これは、もともとの髪質にもよりますし、それまでに使っていたシャンプーやリンスにコーティング効果のある製品を使っていた場合は、それが邪魔をして色が付きにくい場合もあるのです。

染まったかな、と思っても、白髪染めトリートメントは髪の毛を洗うたびに少しずつ色落ちがするので、数日おきに使って色が落ちすぎないようにケアが必要です。その回数も人によって違いますが、一般的には週に2~3回の使用で十分だといわれています。トリートメント効果が気に入って毎日使っているという人もいますが、もちろんそれでもかまいません。髪色を見ながら使う頻度を見てもいいですし、違うカラーを買って重ねてみるのもいいでしょう。基本的には髪や地肌に優しい製品が多く、素手で使えるものが多いので、あまり気にせずに使っていけばよいのではないでしょうか。反対にあまりにも回数が少なくて間隔が空いてしまうと、色が落ちすぎてしまうことになります。完全に落ちてしまうと、また連続して使わなければならなくなるので、ある程度定期的に使っておいたほうがケアは簡単です。

頭皮がかゆいのは、白髪染めヘアカラートリートメントが原因?

白髪染めトリートメントは、通常の毛染めなどに比べるとかなり肌に優しいのが特徴です。素手で使っても問題ないものがほとんどですし、天然由来の成分を多く使ったものも多くあります。しかし、だからといってかぶれやかゆみが全く生じないというわけではありません。

そもそも、天然由来の成分だからアレルギーを起こさないわけではないでしょう。白髪染めトリートメントに使われている天然由来の色素には、シコンやクチナシ、ウコン、べニバナ、カンゾウ根エキスなどさまざまなものが使われていますが、このような天然色素成分でもかゆみが100%出ないということはありませんし、人によってはアレルギー症状が出ることもあります。しかも、前回使ったときは大丈夫だったのに、突然かゆみやかぶれが現れることもあるのです。使用前には必ずパッチテストをしてから使うことが大切になります。

また、アレルギーでなくても頭皮がかゆい状態になることがあります。たとえば、カラートリートメントはノンシリコンシャンプーのほうが相性がいいからと、ノンシリコンシャンプーに変えたところ、うまく洗えていなくてその結果かゆみが生じたというケースもあるでしょう。また、頭皮が荒れている状態だと、トリートメントに関係なくかゆみは生じやすくなるので注意が必要です。シャンプーも頭皮に刺激を与えることなく、汚れをきれいに落とさなければなりませんから、正しい方法でシャンプーができているかを見直してみましょう。

頭皮にかゆみが生じたときは、まずその原因を考えることが大切です。白髪染めトリートメントは確かに肌に優しいですが絶対にかぶれないというわけではありませんし、逆にかゆみが出たからといってトリートメントが原因とは限りません。とりあえず一度使用をやめて、それでもかゆみが収まらないようであれば、シャンプーのやり方を見直したり、枕やブラシなどが清潔に保たれているかを確認、状態によっては皮膚科医に相談などが必要になります。

白髪染めトリートメントについてもっと知るには

白髪についてや白髪染めトリートメントについてもっと知りたい方はこちらの、
白髪染めは何に注意して選ぶべき?【白髪染めも】を参考にしましょう。

白髪の基本的なことから、白髪対策方法、白髪染めの使い方まで幅広く対応しています。
私も大いに役に立たせてもらいました。

白髪は永遠の悩み。
でも、誰もが悩んでいるからこそ、共有しやすいんですね。

安心で安全の白髪染めには、正しい知識が欠かせません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする